From 7800 Skive DK

北欧の生活、北欧のデザインに触れてみたい、そんな思いからデンマークまでやってきてしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小旅行(お家訪問/Silkeborg編)

先週のつづき。
土曜日はTrineの住むIkastから車で1時間ほどのSilkeborgという街に連れていってもらいました。

Silkeborgは湖のある素敵な街です。
広場ではフルーツなどと共にクリスマスリースが。
27-silkeborg01.jpg

フルーツたちは雨が降ってきて濡れても、誰も気にしないようです。
国旗好きと言われるデンマーク人ですが、リンゴの箱もこんなかんじになってました。
34-silkeborg.jpg

ここの広場は夏場は毎週末、ジャズの青空コンサート会場となり、
ジャズ好きな人たちが昼間からビール片手におしゃべりを楽しむそうです。

メインストリートはイルミネーションの準備もされていて、早くもクリスマスムード。
28-silkeborg.jpg

でも普通のお家は12月に入ってからデコレーションをする、ということで、
Trine家はまだデコレーションされていませんでした。

デンマークではほとんどのお店は日曜は休み、
土曜は14時ころで閉まってしまうので、そのあとは美術館へ。
収蔵されてるものも素敵でしたが、建物も素敵でした。

イメージキャラクター?とってもキュートな看板です。
29-silkeborg.jpg


白い壁に薄いグレーでうっすらと書かれた文字もシンプルで素敵、
そこに映る影も素敵、です。
30-silkeborg.jpg


そして内部の床は木が敷き詰められてます。
32-silkeborg.jpg

拡大するとこんなかんじ。
31-silkeborg.jpg


トップライトや、隣の公園の風景を切り取った窓から心地良い光の入る、
明るくてすてきな美術館でした。

学校を離れて、素敵なものにふれ、リフレッシュしたいい週末でした。

  1. 2006/11/26(日) 22:40:01|
  2. denmark
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

お家訪問

先週末は、同じ学校に滞在中の日本人の女の子のルームメイトのTrineが自宅に招待してくれ、
学校のあるSKIVEから1時間ほどのIKASTという街に行ってきました。
17-ikast.jpg

元々農家だったという広い中庭のある、コの字型のプランの大きいお家です。
内装のデザインはパパとママが、改装はパパがほとんど一人でしたそうです。
(現在も進行中だそう)

19-ikast.jpg

白いペンキで塗られた壁に、板張りの天井、その見切りがロープで納まっていました。

23-ikast.jpg

広すぎず、暖炉を囲んだ低めの天井が心地よいリビングは、
ウェグナーのロッキングチェアにモーエンセンのソファ、
ペンダントライトはPHランプ、オーディオはB&O、、、と北欧デザインのオンパレード。
でも彼ら曰く、自分たちはミドルクラスだそう。
そうやって本物に触れて生活することが、普通なんですね。

そして北欧デザインの家具や絵と、アートクラスを選択しているTrineの作品と共に、
アフリカの置物がバランスよく飾られていたのですが、
なぜなら3年ほどタンザニアで生活していた彼ら。
デンマークで生活していた時は仕事が忙しく、
週末は洗濯や掃除、お庭の手入れなどで子供たちと触れ合えなかったので、
子供が小さいうちにしかできない特別な経験をしよう、ということで移住していたそう。
スローライフ、と言われる北欧ですが、決して彼らが特別な生活をしているのではなく、
仕事を変えて、住むところを変えてでも自分の望むライフスタイルを手に入れよう、
という考え方が素敵だなあ、と思います。

また離婚率が高いデンマークですが、
考え方が合わないのなら無理して一緒にいる必要はない、
という考え方もそこに通じるのかな、と思います。

22-ikast.jpg

広い庭に面した明るいキッチンで作ってくれる
パパとママの手料理もおいしかった!
(一緒に用意して、片付けしてました)
庭で採れたベリーで作ったジュースとか、パパが作った蜂蜜とか、
庭で飼ってる鶏が生んだフレッシュな卵とか、
パパのお兄さんの庭で採れたリンゴて作ったケーキとか、、、
オーブンにぼん、と豚を放り込んで、
用意してる間に甘いものを食べながらおしゃべりしたり、
時間の使い方が上手いなあ、とほんと思います。

20-ikast.jpg

ここは庭に出る勝手口みたいなところなんですが、
そこもちょっと庭で採ってきた枝を置いてみたり、上手く使ってました。

折り紙で鶴を作って遊んでいたのですが、
それも枝にぶら下げてかわいく飾ってくれました。
24-ikast.jpg


家も現在進行中だそうですが、
さらにサマーハウスを建てる(パパが!)計画もあるそうです。
5年くらいかけてゆっくりやるつもり、だそうです。
(ちなみにすでにサマーハウスは一つ持っているそう)
生活を楽しむ、ということが上手い人たちだな、と思いました。


  1. 2006/11/21(火) 21:13:01|
  2. denmark
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

冬模様

先週でサマータイムが終わり、11月になった途端、
急にぐっとさむくなって、水曜日には雪が降りました。
例年よりも寒くなるのが早いみたいです。
息も白いし、朝は霜が降りてるし、すっかり冬の気配です。
13reaves.jpg

陽が沈むのも急に早くなって、5時半にはほぼ真っ暗。
そのうち3時には真っ暗になるそうです。

そして街ではクリスマスビールというものが売り出されはじめました。
SKIVE産のビールもあるのですが、わたしは友達に勧められて以来、
なんとなくTUBORGというのを飲んでいます。
これが普段のTUBORG。
14tubor.jpg

それがこんなにかわいくなります。
14tuborg02.jpg

15tuborg03.jpg

違うのはパッケージだけかと思いきや、中もスペシャルに濃い目でおいしかったです。
すごいかわいいーって喜んでいたら、どうやら毎年同じデザインらしく、
みんなにとってはさほど目新しいものでもないようでした。
この金曜日から売り出しだったらしく、夕食後に気温5度くらいの中、
DVD借りに行きがてらスーパーで買って、
飲みながら歩いて帰ってきました。
こっちの子たちは飲みながら歩くのは普通らしいです。
そもそもみんなお酒がとても強いです。
お酒を購入できるのが16歳(18だったかな?)からだそうですが、
飲むことに関しては誰もとがめないので、
たいてい14歳くらいからみんな飲むようになるそうです。
パーティーですごい飲んで酔っぱらってても、次の日にはけろっとしています。
気をつけないとついみんなのペースで飲むと飲みすぎてしまいます。

学校にいると、食事は3食出るし、
キッチンの冷蔵庫に食事の残りやパンが常にあるのでいつでも食べていいので、
週末どこかに出かけたりしない限り食費はかかりません。
コーヒーと紅茶も自由に飲めます。
ここSKIVEは小さい街なので、買い物することもほとんどないので、
わたしの場合はもっぱらアルコールとフルーツを買うのにお金を使っています。
最近みかんくらいの大きさの柑橘類が出始めて、
酸っぱくてお気に入りです。
  1. 2006/11/05(日) 23:29:21|
  2. denmark
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。