From 7800 Skive DK

北欧の生活、北欧のデザインに触れてみたい、そんな思いからデンマークまでやってきてしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MILAN

行ってきました。ミラノサローネ。
とはいっても実質動けるのは1日だけだったので、トレードが行われている大きい会場には行かず、市街各所で行われてるフオリサローネを見て歩きました。
それでもすごい数のエキシビジョンがあるので、とてもすべては見れませんでしたがいろんな刺激を受けてきました。
ちょっと長くなりますが、わたしの眼で見たミラノサローネ、楽しんでいただければ幸いです。

まずは私たち、Krabbesholmのエキシビジョン。
ミラノに夜8時頃到着して、そのまままっすぐ私たちのエキシビジョンへ。
通りからみたところ。
100_4343.jpg

ZONA TORTONAという、エキシビジョンがたくさん集まったエリアにありました。
この奥では世界中のデザインスクール(日本からは武蔵美がきてました)のエキシビジョンが集まった大きなスタジオがあったおかげか、人通りが多く、たくさんの人が来てくださいました。
どきどきしながら入り口に回るとこんなかんじ。
100_4386.jpg

で中に入るとコンペ勝者3組のランプが。
100_4345.jpg

100_4379.jpg

100_4367.jpg

それ以外に12個のランプや、フォトコースの生徒による写真も一緒に展示しています。
100_4375.jpg

エキシビジョンのプランは建築コース、ポストカードブックのデザインをグラフィックコース、
おみやげのランプと同じ素材でできた袋をプロダクトコース、音のインスタレーションはワークショップにて、と生徒みんながエキシビジョンに参加しています。
自分でいうのも何ですが、正直、想像以上にすごくいいエキシビジョンでした。
髪の毛を撫でるようにやさしく触れたり、部屋に入って「これ見てー」とか言って(たぶん)指差しながらまっすぐに私のランプに歩いていったり、ここに立って私の作品に対するみんなの反応を見ているのもすごくおもしろかったです。
ゲストブックに「プロトタイプを買い取りたい」とか、「すばらしいエキシビジョンでした(特にTomoyoのランプ)」とか、私あてにメッセージを残してくれた方もいて、こうしてたくさんの眼に触れ、評価してもらえる機会を得られた事、本当に良かった、と思います。

ではここからはさくさく、と私がかっこいい、おもしろい、と感じたものを紹介していきます。

Mario Bottaのデザインしたイタリアのタイルのエキシビジョン。
何がある訳でもないのですが、思わず通り抜けたくなります。
100_4401.jpg


同じ形状のタイルを組み合わせてできた椅子。デザインはRiccardo Blumer。
100_4403.jpg


三井不動産レジデンシャルのエキシビジョンにあったベッド。
Fabio Calvi and Paolo Brambillaによるデザイン。ベッドとふとんの中間、だそう。
100_4412.jpg

このエキシビジョンは隈研吾氏デザインの空間演出も格好良かったです。
檜風呂も隈デザイン。
100_4416.jpg


"All you need is light"というエキシビジョンにて。
100_4427.jpg

同じく。右上の雲のようなものは虫のようにクネクネと動いていました。
100_4431.jpg


Artekパビリオン。坂茂氏による会場。もちろんエコ設計。
100_4443.jpg

アアルトのランプがずらり。
100_4440.jpg

こんな古い椅子も展示していました。
100_4442.jpg


イタリアの家具メーカーMorosoのショールームにて吉岡徳仁氏のインスタレーション。
遠くからみると柔らかそうに見えるこの壁はストローでできています。
100_4464.jpg


傘のランプが空を舞うのはIngo Maurerのエキシビジョン。
100_4477.jpg

中に入るとクレイジーなランプがいっぱい。
100_4479.jpg

75歳なんですよね、Ingo Maurerさん、、、、
100_4485.jpg


今回今まで知らなかったデザイナーをいろいろ知る事ができたのですが、その中で素敵だと思ったデザイナーの一人、David Trubridge
木でできた照明器具は柔らかく、やさしい。
100_4504.jpg

そしてなんといっても影が美しい!
100_4507.jpg


紙でできたソファはカナダの会社molo。
100_4432.jpg

表面が少々傷んでもよし、というラフさが好きです。

Paola Lentiの家具。
100_4535.jpg

撥水加工がされていて、外でも使用できるそう。
100_4538.jpg

歩き疲れたのもあり、しばし座り込んでしまいました。
素材感、色使い、座り心地、どれも私好み。

ちょっと一杯。
TOKYO DESIGN PREMIOという日本のデザイナーの紹介されているエリアで日本酒を振る舞うコーナー発見、もちろんいただいてきました。
100_4541.jpg

美味!

最後はスライスウッドでできた繊細だけど存在感のあるランプはスペインのLuzifer。
100_4547.jpg

写真では判りづらいですが、木目がキレイなのです。
100_4550.jpg


途中電話で呼び出されて自分たちのエキシビジョンに立ったりしたので、見に行こう、と計画していた所の全てを見たわけではないですが、かなり充実、足もお疲れ、、、
でも最後はおいしいディナーをごちそうになって、コンペ勝利のご褒美旅行はおしまい。
100_4563.jpg

100_4566.jpg

おなかいっぱい幸せ、、、、
(でもこのあとタクシー乗り場で2時間待つはめになったのですが)

世界中から多くの人が集まる大きなイベントに参加できた事、ほんとにいい経験になりました。
長い日記になってしまいましたが、最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/27(金) 07:58:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<ちょっとドライブ Skagen編 | ホーム | PARIS/Rouen編>>

コメント

chieちゃん、いつもコメントありがとう。
あと2ヶ月、楽しんでいきますね。

あと学校のWEBサイトでエキシビジョンの様子がもっとたくさん出てますので、そっちもよかったら見てみてくださいね。

http://www.krabbesholm.dk/english.html
  1. 2007/04/29(日) 16:15:42 |
  2. URL |
  3. tmy55 #.7qyC5XY
  4. [ 編集]

お疲れ様~

本当にいい経験ができたね。
芸術的な作品がズラリ。私もDavid Trubridge さんの照明器具好きだわ。
優しい光だね。癒されそうだ。
残りの学校生活も素敵な作品作ってね。
  1. 2007/04/27(金) 13:02:14 |
  2. URL |
  3. chie #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tmy55.blog77.fc2.com/tb.php/26-22d4bbb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。