From 7800 Skive DK

北欧の生活、北欧のデザインに触れてみたい、そんな思いからデンマークまでやってきてしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

collage! / Knife For Life

今週はロンドンからのゲストティーチャー、
わたしにはとてもうれしい、英語での授業でした。
テーマはコラージュ。
とにかくコラージュしてものをつくろう、という課題で、
ほとんどアートのような、なんでもあり、
とにかく楽しんでやろう、という面白い先生の気楽な一週間でした。
、、、でつくったのが " inside of my head "
collage.jpg

わたしの頭の中を表した帽子です。
左が自分のすきなものを寄せ集めたもの、
右がわたしの撮った写真と、わたしの写真を切ってくっつけたものです。

プロダクトデザインという現実的な思考を日々している中で、
たまにはこういう柔軟な発想もいいものですね。
アートは苦手、、、と思っていましたが、楽しませてもらいました。

その前の2週間はそれとは全く違って、
自分のために、一生使う包丁の柄をデザイン、制作していました。
デザインのスケッチは全くしないで、
ただひたすらモデルクレイを握りしめながら
自分が心地よく感じる形をつくりました。

そして出来上がったのがこれ。
knife.jpg

素材はイロコ。オイル仕上げです。
材料は自分で探してきて何を使ってもよかったのですが、
ちょうど色の濃い木がいいな、、、と思っていたので、
学校に余っていた材料を使わせてもらいました。

イメージは和包丁。
横から見たときにほぼまっすぐになるように、
でも手になじむかたち、、、、と思いながら作ったらこうなりました。
knife02.jpg

おおよその形を切り出すのにはもちろん機械を使っていますが、
そこから先はカッターと紙ヤスリだけで、
手の感触を確かめながらつくったので、わたしの手にぴったりフィット。
予定のない嫁入り道具がひとつ増えた、、、といったところでしょうか。
一生大事にしてあげようと思います。

余談ですが、製作中は細心の注意をはらい、
怪我もなく無事に完成したのですが、
その後にキッチンでパン切りナイフで左手の人差し指をざっくり切ってしまいました。
最近新しく購入したものらしく、被害者続出中のナイフ。
もれなくわたしも被害者になってしまいました、、、、
しかし人差し指が使えないとキーボードもいつもの調子で打てないし、とっても不便、、、


スポンサーサイト
  1. 2007/02/18(日) 01:33:55|
  2. 学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Barcelona | ホーム | 北欧日記/museum編>>

コメント

ステッキーじゃない

世界でひとつの素敵な包丁だね ☆ナイフの部分も作ったの?私も最近アボガドの中の種抜こうとして包丁で手の平切った。結構みんなやってるね。あ"ーーって叫んだよ。心臓縮まるよね。
  1. 2007/02/27(火) 22:24:16 |
  2. URL |
  3. ai #-
  4. [ 編集]

同じく

私も先日左手の人差し指を包丁でやっちゃいました。
玉葱切ってるとき。
切るときってスローモーションのように、包丁が刺さる瞬間を見ちゃうんだよねえ。
何とか回復に向かってるものの、指に傷あると、手を洗うのさえ億劫になるよ。

  1. 2007/02/18(日) 02:56:28 |
  2. URL |
  3. chie #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tmy55.blog77.fc2.com/tb.php/20-7ec167b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。