From 7800 Skive DK

北欧の生活、北欧のデザインに触れてみたい、そんな思いからデンマークまでやってきてしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オーフス

今週一週間は、わたしたちプロダクトデザインコースは課題なし、のリラックス週間でした。
月曜日にはみんなでデンマークで2番目に大きい街オーフスにバスツアー、
デザイン事務所を訪れ、レクチャーを受けました。

、、、、といってもデンマーク語。
写真や実物のプロダクトを見せてくれるので、なんとなくはわかるのですが、
言ってることは半分も理解できないので、かなり損した気分です。
学校で生活してる中での連絡事項は、なんとなく理解できるようにはなってきたし、
英語でフォローしてもらいながらの授業にも慣れてきましたが、
こういう時にはやはりデンマーク語の必要性を感じます。
あと半年で理解できるようになるでしょうか、、、、

41-aarhus.jpg

3PARTというデザイン会社でのレクチャーの様子。
http://www.3part.com/
明るくすっきりとしたオフィスでした。
試作品をつくるモデルルームも整然と片付けられていました。
42-aarhus.jpg

ここでデザインされた車椅子やミネラルウォーターのボトルのディスプレイ。
よく見ると、車椅子の足下に「Pen」が!
どうやら紹介されているみたいです。

次に訪れたのは設立して間もないデザイン会社。
港の倉庫街の古いビルのワンフロアを、
いくつかのデザイン事務所(ジャンル問わず)でシェアしているそうです。
43-aarhus.jpg

天井が高くて、明るくて気持ちいい事務所。
バルコニーからはこの眺め。
100_1910.jpg


写真を撮り損なったのですが、最後に訪れたところは
いろんなアーティストのそれぞれのワークスペースと、
ショップを兼ねたカフェがひとつのビルに集まったLYNfabrikken。
http://www.lynfabrikken.dk/
デンマークのアーティストたちは横のつながりが強い、と
何かの本で読んだことがあるのですが、まさにこれですね。
カフェになっているので普通の人も入りやすし、
情報発信の場として、うまく機能しているようです。
デザインスクールへ入るのも狭き門だそうですが、
たとえ卒業してもデザイナーとしてフルタイムで職を得るのは難しい、
そんな若い人たちのエネルギーの集まったすてきなところでした。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/04(月) 01:39:57|
  2. 学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<クリスマス | ホーム | 小旅行(お家訪問/Silkeborg編)>>

コメント

デンマーク語って聞いたことがないからどんな感じかわからないんだけど
難しそうね。ドイツ語は英語と似てるけど、でも実際聞くと全然違うしねえ。
海外の人って母国語の他に1~2ヶ国語は話せる人多いんだよね。
すごいな~日本人もがんばらなきゃ。
最近は1歳や2歳から英語教室に通わせてるママも。
成果は現れるのでしょうか。
  1. 2006/12/04(月) 06:08:18 |
  2. URL |
  3. chie #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tmy55.blog77.fc2.com/tb.php/11-98ed1011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。